え、本当に人生って1度なんですか。

日々の決意表明系ダイアリー。さまよいながらも這いつくばって進むためにはじめたブログ。

深みにはまる

昨日の18時から今朝の6時まで本気で寝てしまった。
久しぶりにこんなにねこけた。なんだったんだろう。

チャレンジ
ブログ⇨OK
瞑想→だめ
笑顔→だめ
スマホ→OK
お菓子⇨OK



記事:三菱UFJ、9500人分の仕事自動化

記事を見つけた瞬間、「ついに来たか!!」とワクワクした。
三菱UFJフィナンシャル・グループが、国内の事務作業の自動化やデジタル化で9500人相当の労働量の削減を視野に入れていることを明らかにした。
これって、すごい。従業人数に換算すると約30%に相当するそう。単純に1人月35万円の人件費が発生していたとしたら、軽く30億円。
自動化による設備導入や保守・点検業務などを含めた差引勘定がどうなるか検討はつかないけれど、自動化に伴って、全行程の生産性向上や従業員のクリエーティブな時間や仕事の創出、さらには、働くモチベーションの維持や私生活の向上、といった副産物も期待できると思った。

会社の事務という仕事は、今までほとんどやってこなかったが、今、まさに事務職をしている。
そこで毎日ひしひし思うのは、「天井のある仕事」である、ということ。
つまり、求められるものの限度がある程度決まっていて、大きな成果や改善は期待されていない、ということ。
否定的な見方だけれど、実際に働いてそう思う。

行っている業務は、一定のマニュアルや作業指示に基づいて行えば、比較的単純に処理可能な内容が多い。
もちろん、いつもとは違う手続きを取らなければいけない内容もあるけれど、パターン化して収集すれば、「複雑な処理」というカテゴリには入らない。
それこそ、AIの出現によって、人間より膨大な情報を正確に処理できる時代。
取って代わられるのには、素直に納得できる。

といいつつも、業務内容に天井はあれど、例えば、事務処理の中からコストカットの可能性を探り、大幅に経費削減の役割を担っり、業務改善によって煩雑化した手続きをまとめて、生産性を高めたり、やろうと思えばいくらでも自分の手腕によって業務をデザインできる。

そういった、いわゆるクリエイティブな時間を、機械化導入によって創出できるようになることは、非常に大きな意味があると思う。
自身の情熱や深い考察といったプラスのエネルギーを比較的要さない「事務作業」は、長い時間行えば行うほど、それに比例するように内なるエネルギーの灯がしぼんでいくような錯覚に陥る。
誰もができて、多くを期待されていない作業よりも、
現状を改善し、より多くの人に影響を与えらえるような業務の方が、自己成長や自己表現にもつながる、ということを実体験で経験中なので、時代の流れを憂うんじゃなくて、やったラッキー、単調作業なくなる、うぇーい!と、前向きにどんと構えていようと思う。

一瞬絶望しちゃうよね

どうしても「やろう」と自分で決めた事ができない。
瞑想と運動。
どちらも緊急性を感じないし、絶対必要なことじゃないから優先順位が低いんだと思う。

どうしたらできるだろうか。
できた自分をイメージしてみようかな。悩ましい。


記事:春秋
Would you explain about "NINJA"?って聞かれたら、どう説明するか。
なるほど、これは意外と奥が深い。週刊少年漫画ジャンプにて大ブームを巻き起こしたNARUTOの愛読者であれば、きっと何かしら夢のある話ができるのかもしれないけれど、私、9巻ぐらいで読むの辞めちゃったもんだから、「忍者には忍術を駆使してカンニングをしてよいペーパーテストがある」というぐらいしかわからない。

これを良い機会に、ちょっと忍者について調べてみることにした。
いきなり海外からいらっしゃったNINJAファンと仲良くなれるように。

NINJAのイメージと言えば、戦乱の世の裏舞台で隠密活動や必殺仕事人的な感じで、蚊ほどの音も立てずにターゲットを暗殺してしまう超ハイスペックで優秀な人材集団、という感じ。
きっと、誰もがこんなイメージを持っている、と思う。

ネットで調べる限り、確かに、多かれ少なかれそのイメージは間違っていないようだった。
けれど、彼らに求められるものは多く、交際術・対話術・記憶術・伝達術・呪術・医学・薬学・食物・天文・気象・遁甲・火薬など多様な知識が必要であったことがわかった。
(これだったら、カンニングが合法であるのもちょっと納得できるかもしれない)
これが大学入試だったら、どんな高校生でも必ず卒倒しそうな内容だな、とぞっとするけれど
全て実務に必要な知識であり、腕力や才能だけで生き残れるような仕事ではなかったんだな、と察する。

優秀な忍者を雇っていた大名の多くは出世したと言われ、むしろ彼らなしに出世は叶わなかった、とまで言い伝えられているそう。

プロフェッショナルだが決して、オレオレ!と強く主張することなく陰で主人を支え、任務を淡々と遂行するNINJA。
謙虚で勤勉な人柄を好む日本人にとって、この上なく美しく見栄えする職業人だけれど、
それ以上に海外の方にヒットするのはなぜだろうか。
「アサシン」というのがクールだから?
知的な頭脳戦も得意としながら、接近戦でも華麗に仕事するオールマイティー感?
それとも、顔を覆い隠すあの衣装?

ちょっとだけNINJAについて知識を得たから、
ぜひNINJA好きの海外友達を作って情報交換をしよう。そうしよう。

ただただ、後悔。先に立たないってやつのやつ。

9月16日は、365日の中で自分の誕生日より、というか何より最も大切な日。

 

去年は、大切な友達というか家族と過ごしたけど、今年は1人。というか、なんだかGodからそう差し向けられた感じだった。(もともと東京行く予定があったけれど、見事に雪崩のように機会が失われた。なぜでしょう)

 

最近、自分自身が由来出ているからか、占いとか運命論とか、そういった不確定で根拠のない情報に惑わされやすい。

今の自分は、芯も核のないフニャフニャなスライムみたい。せめて、野菜のネギくらいなシュット感が欲しい。曲がっててもいいからさー。

そんな状態だからか、何ごとにも意味や理由があるんじゃないかと思ってしまう。

 

なぜ、出会うように差し向けられたんだろう

王手までいって敗れてしまったのは何でなんだろう

ささいなキッカケは、何で発生したんだろう

 

とか、もう、自分で理解できないし、どうしようもコントロールできないことをぐだぐだ考えちゃう。

ここ半年、ずっと辛いし、そこからなかなか抜け出せない。一度国外に逃げ出して、克服したと思ったんだけど、そんなことは一時の気休めにしか過ぎなかったみたい。

全然、悪化している。気がする。

 

2年半前に振られた、というか合意の上で別れた人のことが、どうしても忘れられないし、固執してしまう。

でも、別れた原因の7割は私のせいであって、

いや、8割かな。

彼は、ほぼほぼ悪くないし、子どもで幼稚で、人をちゃんと愛することを知らなかった私が、かなり良くなかった。

 

その人は、よくしらないけど、多分私と分かれて半年後位に出会った方と結婚した。

彼が選んだ女性だから、きっと素敵な人に違いないし、幸せになるべきだと思う。

一生、今後交わることのない人なのに、なんでこうも、思い出すだけでまだ泣けてくるのかは全然わからない。

 

3年前まで、結婚だったり子どもだったり、自分の家族だったり、

そういった類の幸せは、自分の価値観の中ですごく少なくて、求める幸せの円グラフの割合でいったら、20%くらいだった。

だけど、なんなんだろうね、周りに影響されているせいもあるけれど、全くもって今の思いは、逆転しちゃって、80%くらいはそれが占めている気がする。

 

いろいろな疑問があって、

なんで私は一般的な幸せを、平均的な年齢なのに得られていないんだろう、とか

彼はあっという間に幸せを手にしてしまっていて、恐らく過去のことはそれぞれ額縁に飾っておけているのに、私はなんでまだ額縁を選んではやめて、ずっと後悔しているんだろうとか、

なんで、いろいろなことがスタックしてるんだろう、

なんで、心から愛したい人に出会えないんだろう

 

とか。

全部理由なんてないし、たぶん答えもない。

自分がすごく惨めに思えば、それは惨めだし、

自分が現状をすごく楽しんでいれば、それはすごく楽しい事実なんだろうけど、

どうも落ちて落ちて這い上がれない。

がんばって、這い上がってきたんだけど、思い出す度に引きずり落とされてさー。

 

現状を自分で変えようとしたり、

キラキラしていたり、目標とすべき人に会いに行って自分を高めようとしてるんだけど、なかなか効果がなくて、

より一層惨めになる。

 

どうすればここから抜け出せるのかなー。

一生抜け出せない気がするし、なんやかんや、のらりくらり生きれそうな気もする。

なんだか、こんなはずじゃない、って思いながら死んできそうだな、とも思う。

 

ある程度の問題が解決する位のお金が入ってきたり、

この人だったんだ、と安心できる人が突然出てきたり、

そんなアホみたいなラッキーなことは無いし、何も努力しない人は何も得られないってことはすごく知ってるからさー

 

とにかく、今担ってる役は、辛いな。

主人公を演じなくてもいいから、脇役でもいいから死ぬほど人生楽しみたい。

涙出るくらい、納得したいな。

 

 

 

 

 

 

例えキムキムがミサイルを発射しても、普通に時間は流れる

 

始業開始から15分で固定業務が終わり、今日は午後から何もやることがなかった。
こんな仕事、私は二度とやらないぞ、と心に決めてる今。
お金貯めたらすぐ辞めることをモチベーションに生きている。
いや、マジで。

=【30-day challenges in September】=========================

【やる】

☑平日、新聞記事1つ選んでブログつける(※400字以内)

☑毎日鏡の前で笑顔

□毎日5分瞑想

【やらない】

スマホ1日90分(45分)

☑お菓子1日2回(チョコ、シフォンマフィン小)

======================================================


記事:家事代行サービス

昨年度放映されたテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主演、
新垣結衣ちゃんの仕事だったのが、確か「家事代行サービス」の人。

主人公、平匡さんこと星野源演じる仕事に忙しい独身男子が、月額定額料金を支払って家事全般を代行してもらっていたけれど、
新垣結衣ちゃんレベルの代行人なんているなんて有り得ないっしょ!
しかも、なにあの完成度の高いお弁当。有り得ないっしょ!!
と、突っ込みどころ満載だったけれど、胸キュンズッキュンキュンキュン状態に陥った男女は日本各地にいるに違いない。納得の視聴率である(私もキュンキュン丸したうちの日本人のうち1人)。

横浜で、ほぼ新築であろうアパート(マンションかな)、家具や電化製品の洗練さ、
ドラマと言えど、京大出身の一流SEが稼がれていらっしゃる額は独身貴族の生活っぷりを見てわかった。
さぞかし代行サービスの月額代金も高いのだろう、と思ったけど、まさに。週3で5万円位だそうです。新聞より。
月5万円って、私が栃木県で1人暮らししていたアパート代金なんですけど。
仕事1日14時間くらいして、それでも我ながらちゃんと毎日家事してましたけど。

って、新聞読みながら思わず独り言いっちゃう位びっくりした。
といいつつ、収入がある程度あって、共働きでマジで忙しい都心にお勤めのガンガン仕事人には、かなり有難いサービスだろうと察する。

けっ、住んでる次元が違うわー、と読み流すつもりだったけれど、
部分的なお掃除もあるらしくて、確かに滅多にやらない「ベランダ掃除」6,000円だったり、エアコン、レンジ回りなど、いざ張り切ってやらないといけない場所を、綺麗にしてもらえるのは意外と「自分にご褒美」的なサービスとして有効かもしれない、と思った。

とは言いつつ、私は基本的にケチでポジティブな思考の持ち主なので、
「んじゃ、自分でベランダ掃除したら6,000円分の働きをしたってことか!
ご褒美にスタバでケーキ食べよう!それでも得した気分!」みたいになる。笑
その思考に加えて、前職で毎日掃除をしていて、綺麗好き・掃除体質になっている。おそらくこの先、このような類のサービスを有料でお願いすることはない、と思う。

 

否定的な感じで締めくくるのも何なので、この業界が今後どうなるのか、ちょっと考察して終わろうと思う。

参入障壁は高そうで低そうな業界だから、きっとそれぞれ得意とする分野で差異化を図っていくことと当然思われる。

電気機器特化、水回り特化型、アウトドア特化型…などなど。

個人的には、ユニークでシーズナルで、リーズナブルな単発商品があると面白いと思う。

 ・BBQの片付けマジ面倒、それ、全て代行します

 ・男子大学生の母ですけれど、ちょっと心配なので片付けてもらっていいですか?代行

 ・ 花嫁修業中なので、割引します♥サービス代行

とか。リーズナブルだったら利用したいな。1回1000円とか。安すぎるかな。

あとは、片付けついでに、お菓子焼いちゃいました、食べてね♥みたいな。もしくは、逃げ恥にあやかって、家事代行系出会い系サービスっていうのもありかもしれない。彼女が欲しい男子と、永久就職希望の女子と。

あれ、チープで怪しいな感じになってきた。そろそろやめておこう。

 

 

停滞感が半端なくて

今、「事務」という仕事をしているんだけれど、恐ろしく暇で驚いている。

暇な時間を過ごしているときの、人生の損失感が半端ない。

仕事も、恋愛も、何もかもダメダメだ。ダメすぎて泣けてきたから、ついお星様に泣きついてしまった。これでいいのか、しくしく。笑

=【30-day challenges in September】=========================

【やる】

☑平日、新聞記事1つ選んでブログつける(※400字以内)

☑毎日鏡の前で笑顔

□毎日5分瞑想

→面倒に思ってやらない。

【やらない】

スマホ1日90分(50分)

☑お菓子1日2回(チョコレート2つ!快挙!)

======================================================

記事:教育旅行に廃校を。猪苗代町が改修着手「人の駅」


廃校をリノベーションし再活用する取組みや事例は、
全国規模で見ると結構あって、アートミュージアムやカフェ、イベントスペース、オフィスだったり、宿泊もできる場所もあるみたい。
多様で多彩、そしておしゃれに生まれ変わっているよう。こりゃ、行ってみたいな、とすごく思える写真カットばかり。

福島県内でも、下郷村や西会津に廃校をリノベーションした施設はすでにあるようだけれど、
この猪苗代町の「人の駅」ニュースは、宿泊施設やオフィスも入るらしい。そりゃ、泊まらなきゃ、行かなきゃ。
こちらの地元に戻ってきてから、会津・猪苗代方面の面白さをじわじわ知りだして、
例えば社会福祉貢献も担う美術館「はじまりの美術館」や、昔から人気の自家焙煎のカフェ、ちょっと磐梯に行けば通称ダリ美術館「諸橋近代美術館」だったり、五色沼のトレッキングもできちゃう。
更に足を延ばせば喜多方の美味しいラーメン、会津のマジでうまい担担麺やら日本酒も楽しめる。
遠方から友人が来たら、悲しいかな地元じゃなく会津・猪苗代方面の観光に連れ出してしまう。
(だって楽しんでくれるんだもん…)
猪苗代町にこの新たなスポットが出来たら、ぜひ泊まりで行きたいなー!と思うし、
あの辺りはウィンタースポーツに関しては雪質が神っているから、繁忙期と言われる夏よりむしろ冬の方が魅力的だと思う。

記事には、具体的に誰が代表でどういう団体が運営しているのか書いていなかったけれど、
町役場の方や地元企業の大人たちがタッグを組んで行っているプロジェクトなんだろうと察する。

地元の人が、「新しい施設が出来たんだよ、面白いから泊まりにきなよ!」って地元を誇って紹介できることこそ、私は観光において最も素晴らしい視点だと思っているので、この記事に素晴らしく心が高鳴った。

と言いつつ、話題性は一過性のものだから、美しいハコものの維持以上に、コンテンツの充実や
それらコンテンツを生み出す働く人たちのモチベーション維持、クリエイティブな発想に向けた取り組みといった、施設運営としての持続性が当然問われる。

そのためには、トップダウンによる運営ではなく
若くアイディア溢れるスタッフと、長期的視野や冷静な視点を持つ中間リーダー、どんと腰構え、町のお偉い方とそつなく対応できるボス。そういったチームのビルディングがとても重要になる。
都会と比べて「村社会」文化の出汁が濃くでる地方。
この新しいリノベーションによって、ハコ以上にナカが充実し、キラキラすることを、すごく期待したい。

 

 

 

 

 

 

 

期待することと信じることは違うってことを、マジで最近気がついた。

 

アルケミスト」という本を今年初めて読んで。

ドラマチックな内容に加えて、一文一文に秘められた奥深さや哲学に感銘を受けて、人生のバイブル本として大切にしている数冊の内の1つに、あっという間に仲間入りさせた。

 

どんなことに強く共感したかというと、「信じる力」「励む力」「素直が招く力」といったところ。

そして、筆者のどんな視点に魅かれたかというと、「転換のサインを見逃さないこと」というところ。

 

まあ、言葉にしてしまうとありきたりだけれども、その時の自分が最も知りたかったヒントを、この本が教えてくれたものだから、余計に感銘を受けたんだと思う。

 

(余談だけれど、人って、その時の自分に一番必要で最善なものを判断して選択しているらしい。偶然じゃなくて、必然ってことなのですね、おそらく。)

 

それ以来、自分の精神が及ぶ限り、本で書かれていたことに努めてきた。

何かを信じて続けてみたり、人の言うことを、まずは腹に落として考えてみたり。

(と言いつつ、夏に恩師と言える方と大喧嘩し、絶縁してしてまったけれど。。。)

 

ただ、「転換のサイン」を判断するのは、なかなか難しい。

次の出来事は、私が思った「きっと何らかのサインだろう」の一覧なんだけれども。

 ・ぞろ目のナンバーをふとした時に見る

 ・鳥の羽をよく見かける

 ・尊敬していたり、強い思いを持っていた人と物理的にも精神的にも離れる

 

あ、そんなになかった。笑

 

気のせいかな。でも、サインをどう見極めるかって

結構大切だと思うから、常に準備はしておくべきなんだろうと思う。

 

あとは勉強、精進。

 

楽な方に行けば、いくらでも楽できるのに、あきらめないってことは

自分の人生にそれだけ真剣だってこと。

だと言い聞かせて、9月の半ばを迎えるこの頃。

 

ふう。強くたくましく生きたいなぁ。

 

=【30-day challenges in September】=========================

【やる】

☑平日、新聞記事1つ選んでブログつける(※400字以内)

☑毎日鏡の前で笑顔

☑毎日5分瞑想

【やらない】

スマホ1日90分(50分)

☑お菓子1日2回(マフィン、ワッフル)

======================================================

 記事:若者の整備士離れ 防げ~スバル 研修コースを新設~

 

昨年度、整備士人口は約33万人だったそうで、前年からなんと1万人も減ったらしい。

といいつつ、その数規模感がしっくりこないので、他国家資格と比べてみる。

・昨日発表になった、最難関と言われる司法試験に合格した後に就ける職種(裁判官・検察官・弁護士)は約4万2千人。

・今後人手が更に必要とされている看護師が約160万人、介護福祉士が約116万人

・ぜんぜん足りないどうしよう!保育士は約119万人。

 

なるほど。比較対象のジャンルがバラバラだと気がついたけれど、でもまあ、昨年度の日本における自家用車所有総数がなんと約6000万台という数字からしてみると、いやいや、整備人口少な!っていうことが判る。

(もちろん、大型トラックやらバイクの所有数を加えると、存在している整備しなきゃいけない車両はもっと多い) 

 

でも、そもそも。

なんだかこうしてみると、こんなにも多くの人が社会を支える大切な仕事に就いてなんて、すごいなぁ、こうしてお互い支え合って生きてるんだなぁ、とか普通にじーんとくる。

人生1度だけで、かつ、身体がびゅんびゅん動く間、1度に従事できる仕事は4つも5つも無い。

保育士、と決めたら保育士がその人のアイデンティティの1部になるし、弁護士になったら、エキスパートになるために何十年も仕事に携わる。

人一人が、収入を得ながらそれ以外の外部環境に割けるリソースは、なかなか限られている。

自分がフラフラしている分、なんだかプロフェッショナルでエキスパートな人たちに素直に感銘を受ける。うん。すごい。

 

話を整備士に戻す。

なぜ若者の整備士就労数が年々減少しているのか。

オートメーション化の進行、若者の車離れといった背景だったり、資格取得のための金銭的余裕がないことも要因として大きい。

 その要因の中でも、「若者が、お金が理由で勉強するチャンスを失い閉ざされるのはあかん!」なんて、きっとメラメラしている大人が、記事のような研修制度を設けたんだろうなと思う。

 

すごく、素晴らしい制度だと思うし、どんどんこういった研修制度が広がるといいな、と。

なんと、とある会社は、最大で238万くらい費用負担をするらしい。両親のお金、もしくは自分で稼いだお金で資格取得を目指すこと以上に、「会社の制度で、一部会社が負担してくれている」という事実が、合格に向けたモチベーションを生み出すに違いない。(もちろん、バックにある秘かなプレッシャーも後押しするに、違いない。)

 

自分の可能性を信じてキラキラした将来をイメージした次の瞬間に、

「お金が…」「資格が…」と、いやに現実味あることを考えて二の足を踏んでしまうその時間を、会社に入ってから技術を磨きながら資格を取る、という選択肢に昇華できるのは、やっぱり素晴らしい。

 

人口減少に加えてどの業界でも市場規模拡大に伴う人手不足でひーひーなご時世。

空前の売り手市場、選ぼうと思えばいくらでも選べる時代。そういえば、雑誌だって、より魅力的な特典や付録つきを選ぶ時代だ、選ばれるための「オプション」が担う役割は、人材確保にとってもかなり重要だ、ということが上手く理解できた記事だった。

 

泣くしかない!泣こう!はい、簡単に号泣!!

4月から5ヶ月間、だいたい7割くらいずっと苦しくて惨めな思いで、はい9月!

そして9月も半ば!!まだ長いトンネルから抜け出せてない。

昨日もダメすぎて泣いてしまった。

ここは底辺じゃないけど、下層階にいる気がして気が狂いそうだ!ひー。

とにかく、まずは進もう。ひー!

(メモ※11日新聞休刊)

=【30-day challenges in September】=========================

【やる】

☑平日、新聞記事1つ選んでブログつける(※400字以内)

☑毎日鏡の前で笑顔

□毎日5分瞑想

【やらない】

スマホ1日90分(55分)

☑お菓子1日2回(まんじゅう、ワッフル)

======================================================

記事:食品大手、健康に商機

 

健康志向なんて、実はきっと大昔から言われていたことかもしれなけれど、

食と言うよりは運動やサプリメントに重きがおかれていた、気がする。

記事を読んで、おお、世界がどんどん動き出してる!と即関心をもったのは、

毎日テーブルに並び、口にするよう食材や料理にも、どんどん健康志向が進んでいて、かつ、それが一部のいわゆる「意識高い系」ピーポーの志向じゃなくて、世界の主に新興国の意向なんだな、と、なんとなく時代の狭間を上から見ているようで、面白く思ったから。

5年位前に、高級日本料理店にて働いていたことがあるけれど、北米やヨーロッパ圏のINBゲストの2~3割は「私は菜食主義者なんです」「ビーガンなんだけれど」といった主張があり、その都度、直前に食材を仕込み直したりして、料理人の方々が怒っていたのを思い出す。その時は、一種のムーブメントだと思ったけれど、世界の食品メーカーが既に手を打ち出しているのは、ああ、時代なんだな、と素直に思う。

意外に思ったのが、単純に「ビーガンってクールじゃない?」という時代背景、というわけじゃないということ。世界人口増大による食糧不足だったり、異常気象による水産漁獲量の減少、森林破壊や温暖化を背景とした食用動物の減少、といった世界規模での重大な社会問題に挑む1つの手段として、「植物性由来」食品が台頭した、という事実。

そういえば、今年のサンマ漁獲量がガクッと減った背景にも、中国漁船進出の影響がある、と新聞で読んだ。人口が増えれば増えるだけ、もちろん食糧は必要だし、お金を稼いで自分の家族を守らなきゃいけない。だから、漁業でたくさんお魚をゲットして、ロシアに売って儲ける。これが日本のソウルフード・さんま減少のお背景だと考えると、全ての世界はコネクトしてるんだな、とすごくずっしり考えさせられた。

記事を読んで、「日本食なんて最高にヘルシーじゃん!売れ売れ!」と素直に思ったし、食材をなるだけ長期間保存する加工方法やパッケージ技術も諸外国に比べたら発達していると思う。(以前、豆腐が紙パックに入って売られている国にいったことがあり、なんとなく抵抗感があった…)

添加物や防腐剤もりもり、というのは恐らくというかほぼ受け入れられないだろうけれど、潔癖的なパッケージ技術とマジでヘルシー、という既存イメージを組み合わせて、じゃんじゃん世界に貢献して欲しい。がんばれ、日本の働く男子!女子!て感じ。